スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポセイドン 6~16話(最終話)
いや~、ほんっとに引っ張りましたねーーー
もう途中で、あの人がシロであの人もシロっぽいってわかってからは
アンタしかいないやろっ!ってミエミエだったのに
わざとそういうシーンや表情を映さずに引っ張るんだもんね~っ

だけど実はめんどくさくなってレビューを書かなくなった6話あたりから
チェ・シウォンがちょっと可愛く見えてきて苦手じゃなくなったのよね~
ちょっとソン・イルグクに似てるのよねえ!!!特に口元が!
↑なんていうとシウォンファンに怒られちゃうかしら~~~?(笑)
ジョンニョル役のイ・ソンジェもカッコよく見えてきたし。
私、基本的には低音ボイスの男優さんに萌えるんだけど
こういうちょっとハスキーがかったお声も結構セクシーで好きよ♪

途中から腎臓オヤジ@クムスンムンノ@善徳女王も登場して
なかなか興味深く、でも落とし所が読めそうな展開で気楽に視聴。
後味がいいんだか悪いんだか、深いテーマがあるようでないようで
なんとも中途半端、でもまっ、いいっかぁ^^みたいな心地よさがありました!

逃亡者PlanBで寒気がするほど不気味で嫌いだった殺し屋が
だんだんどことなく可愛く見えてきたのも収穫・・かな!?(笑)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<童顔美女>
ようやく第9弾まで来て、ちょっと先が見えてきたかな!?
めっちゃいい加減なやっつけ仕事になってきてるけど、
ここまで来たら意地です(笑)。何のためにやってるかも不明^^

さてこのドラマ、初回視聴率は6.1%で最下位。
(1位はMBCのチャクベ~相棒、2位はマイダス
私も、苦手なチェ・ダニエル主演でまったく視聴意欲湧かなかったし
第1話で見限ろうかと思ったほど、内容も生理的にダメだったもんね~
・・・韓国に住んでたらきっとチャクベ~相棒を見てただろうなあ^^
それが徐々に視聴率も上昇して、第5話で2桁台に、
第6話でマイダス後続の私に嘘をついてみてを抜いて2位に、
・・・私ならカン・ジファンの私に嘘をついてみては見逃せないトコだけど^^
第12話でチャクベ後続のミス・リプリーを抜いて1位に!
・・・これまたキム・スンウ、イ・ダヘ、ユチョンという豪華キャストなのに!
その後、始まった武士ペク・ドンスも抑えて最後まで1位を守ったのよね!

興味深い裏番組の中で、よくもこんな地味なドラマが健闘したよね~
でもほんと、途中からはとても爽やかで見てて気持ちのいいドラマでした。
1年に1本くらいはこういうドラマがあってもいいよね!

なにより、苦手なチェ・ダニエルを克服したしね!
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<強力班>
ノミネート第8弾は強力班です。
そんなにハマッたわけでもないのになぜか5つ☆(-)なドラマ・・・
独特な事件を扱った斬新さに加えて、
登場人物の魅力も☆評価アップに繋がった気がするのよねえ。
☆評価では登場人物評をサボっちゃったので
ここで簡単に振り返れたら・・と思います!
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<復活>
ノミネート第7弾は復活・・・
またしても、今頃~!?ってなドラマのノミネートですが、
これも新作と比較してみると興味深かったです。
それって、韓ドラのテーマ・題材がワンパターンってこと!?
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<ごめん、愛してる>
ノミネート第6弾はごめん、愛してるです。
韓ドラファンの方にとっては懐かしの名作が今頃ノミネートされてることに
違和感を感じるかもしれませんが、新作の中に旧作が混じってるのも
興味深い!?新鮮!?と思っていただけると嬉しいです^^

私にとっては、同じような題材の新旧ドラマを同じ年に見ることができて
とっても興味深かったです。
親子関係だけでもランキングつけてもいいかも!?とも思ったり・・・。

相変わらず記憶が心もとないので^^サクッといきますね~
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<プレジデント>
ランキングノミネート第5弾はプレジデントです。
チェ・スジョン夫妻が夫婦の役で共演!ってことで話題だったこのドラマ、
私的には海神以来のチェ・スジョン&キム・フンスのコンビってことで
注目して視聴し始めたのですが、
さすが大統領選がテーマのドラマだけあって、史劇を彷彿させる
強烈な人物のオンパレードでしたよね!

ま、でも特に思い入れのあるナムジャもいないので^^、
サクッといきたいと思いまーす!
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<いばらの鳥>
今頃ノミネート第4弾だなんて、、去年よりも更にヤバイ状態じゃーん!
ここからしばらくは思い入れの少ないドラマ&ナムジャが続くので
・・・おっ、言っちゃったー(汗)大失言!?
サクサクッといきたいと思いまーす!

このドラマはとにかく長~い序盤のいばら時代を乗り越えられるかどうか!
視聴率争いではMBCのロイヤルファミリーが終始1位で、
SBSの49日(私の期限は49日)と熾烈な2位争いだったんですよね。
どちらも見てないのでなんとも言えないのですが、
(正直言って、どれも似たような・・・、あまり視聴意欲湧かないかも^^)
財閥一家の内幕話って韓国人が好きそうだし
49日は視聴した方の評判がいいですよね!
それに比べるとこのドラマはテーマもキャストも展開も地味で、、←失言!?
その割には健闘した力作だったと思います!←めっちゃ何様目線!?
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
烏鵲橋の兄弟たち 19~28話
めっちゃ面白いです!!
相変わらず共感しにくい言動、ビックリする言動も多いんだけど、
爆笑モノのリアクションや、涙モノのシーンもあって、飽きないのよねえ。
4兄弟みんなヘタレなトコも含めて愛着もてるキャラで、
誰のエピになっても楽しく見てられるのよね!
どのエピも順調に(!?)進展して、兄弟間の距離もちょうどいい感じ。
女性陣もイタさが減ってきて安心して見てられるし。

でもって、新登場の人物があまりに出来すぎな設定なんだけど、
ドラマをうまくかき乱してスパイスを効かせてくれそうな、
ツボに嵌った人物なのよね!
その1人、テレビ局のエリートサラブレッド新部長・・・
どっかで見たことある~っ・・と気になって気になって(笑)
確か史劇で見たんだけど・・と、思い当たる史劇を順に思い出してみて、
ようやくわかりましたあっ!!いや~、すっきりした!
そう、ウルマフル@近肖古王だよねっ!!!
いや~、あの役の彼はよかったけど・・・^^
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<ヨメ全盛時代>
12月も半ばを過ぎたというのに、まだノミネート第3弾です。(汗)
このドラマ、☆評価記事を書いたつもりでいたのに、
書きかけのままアップしてなかったことに今、気づきました~(滝汗)

以下、視聴直後に書きかけた☆評価記事です・・・

とーっても面白かったです!
笑わせてくれるし、ときどき泣かせてもくれるし、
とにかく軽~く楽しみながら見れるってのがよかった!
不快な人物が1人もいない・・ってのも大きかったなあ。。

いろんな嫁がいていろんな姑がいて(間に挟まれたオトコたちがいて)
誰しも悪気はないけど、ちょっとした擦れ違いやら立場の違いやら、
僻みややっかみ、傲慢やわがままから、摩擦が起こって、、、
傍から見てると「幸せを呼び込む人」とそうでない人がよくワカル^^

一度も失速したり退屈することなく、最後まで楽しく視聴できたので
☆☆☆☆かな~、とも思ったのですが、、、
それにしてはどっか物足りない、というか、
登場人物みんな、愛すべきキャラだけど、ある意味極端すぎて
所詮おもしろおかしく傍観しただけで、そこまで入り込めなかった気もして
☆☆☆(+)にしました!

私にとっては、どちらかというと苦手だったイ・スギョンイ・ピルモ
可愛く見えて大好きになった、ドラマでした~!
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
栄光のジェイン 3、4話
いや~、おもしろいです!!!
3話も結構面白くてレビューを書きたかったんだけど、時間がなく、
4話を先に見たところ、ますます面白くなってきました!

脚本家も演出もセンスがあるんですよね、きっと!
製パン王キム・タック並みにドロドロなんだけど、ビミョーにツイストされてて、
シリアスなのにちょっと笑えちゃう展開、というか・・・、
シリアスなシーンなのにコメディちっくなリアクションとか表情とかBGMとか^^
どことなく快刀ホンギルドンを彷彿させるんですよね~

ちょっぴり残念なのは、チョン・ジョンミョンの3枚目演技がイマイチで・・・
カン・ジファンとかチ・ヒョヌは絶妙にメリハリある演技で、
コメディモードとシリアスモードのギャップの激しさが魅力だったんですよね!

だけどそれをみごとに補ってくれそうな人物が登場!
この人が登場するだけで面白くなりそうな気がする、イ・ムンシク
今回もアクの強い役で、でもいい立ち位置なんですよね~
しかも役名がホ・ヨンドって、、、時代劇できいたような名前(笑)
おまけに部下の名前がコ・ギルドン!(爆)

ジング@製パン王キム・タックも登場!
こちらはなんとも不気味な存在ですよね~
あの腫れぼったい一重瞼の細い目で鋭く見られるとコワい~~~
イヌ父の亡くなった兄弟の息子、つまりイヌの従兄ってことらしいけど
わかりやすいイヌ父やイヌに比べて、不気味に謎めいてるのよねえ。。。

イヌ母オバサン刑事@強力班(恐い妓房行首@キム・マンドク)^^
強力班ともキム・マンドクとも違う、新鮮な役柄だけどハマッてるわ~!
誰にでも怒鳴り散らし、みんなに恐がられてるイヌ父
妻の絶妙な一言にはぐうの音も出ないって感じ!?(笑)

関係ないけど、メモや手紙や書類なんかにもちゃんと字幕をつけてほしい!
ヨングァンが眺めてた書類も、請求書かな?って推察するしかないし、
最後にアップされたメモ。あれ、重要な鍵でしょ!?
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。