スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大王世宗 見出し&☆評価
大王世宗

KBS、全86話
放送:2008年1月~11月(週末ドラマ;「大祚栄」後続)
視聴:2009年9月~2010年5月

ハングル(訓民正音)を制定した朝鮮王朝4代王世宗大王の一代記

演出:キム・ソングン(武人時代)
脚本:ユン・ソンジュ(不滅の李舜臣、ファンジニ)

主なキャスト:
(太字はKBS演技各賞ノミネート)
(カッコ内出演作品は視聴またはチラ見したドラマのみ)
世宗:キム・サンギョン(ジンヒョク@国家が呼ぶ)
(子役):イ・ヒョヌ(青少年演技賞)
     (キム・ユシン子役@善徳女王、チャンドゥ@ドラゴン桜、チャドル@美賊イルジメ伝、
      ハリー子役@ロビイスト、春の日)

昭憲王后(世宗妃):イ・ユンジ(優秀演技賞)
              (ユンジョン@19歳の純情、宮、ギョンジン@ドリームハイ)
(子役):ナム・ジヒョン(トンマン子役@善徳女王、マリア子役@ロビイスト、エデンの東)
太宗:キム・ヨンチョル
    (弓裔@太祖王建、ペク・サン@アイリス、ムン・ジョングァン@ソウル1945、
     カン社長@新ソウルトゥッペギ、グクソン祖父@名家)

元敬王后(太宗妃):チェ・ミョンギル
   (元敬王后@龍の涙、ミョンイン@憎くてももう一度、ワンフ@天下無敵イ・ピョンガン、
    ヘビヘソスル@近肖古王、太陽の女)

譲寧大君:パク・サンミン(キルサン@女人天下)
(青年役):イ・イン(イ・ジュン)
  (穆宗@千秋太后、アジカイ@近肖古王、月山君子役@王と妃、光海君@不滅の李舜臣、
   鳳林大君@推奴、風の絵師、成均館スキャンダル)

孝寧大君:ソンミン
 (プヨミン@近肖古王、李賢@大祚栄、キム・ジャウォン@王と妃、チャン・ウソク@ソウル1945)
敬寧君:ユン・ヨンジュン(ユンギュ@プラハの恋人、ヒョヌ@ソル薬局)
世子(後の文宗):イ・サンヨプ(6年目恋愛中)
チャン・ヨンシル:イ・チョニ
ユンフェ:イ・ウォンジョン(優秀演技賞)
  (ムチャン@海神、キム・ヨンス@パートナー、チェ・ゴドン@熱血商売人、王と妃、龍の涙、
   止められない結婚、推奴、セレブの誕生、成均館スキャンダル)

イ・ス:チョ・ソンハ
(正祖@成均館スキャンダル、オムス@ファンジニ、正祖@キム・マンドク、推奴)
ファン・フィ:キム・ガプス
(チョンガン@太祖王建、イ大人@海神、ミンチョル@彼らが生きる世界、クォン議員@パートナー、
ヒョソン父@シンデレラのお姉さん、左議政@成均館スキャンダル、クォン・ラム@王と妃、
煬帝@淵蓋蘇文、カン・ゲマン@キム・マンドク、仁祖@推奴、ユ・ジョンフン@アイリス、
いかさま師タチャ)

チョ・マルセン:チョン・ドンファン
(イ・フェヨン@自由人イ・フェヨン、サンヒョク父@冬のソナタ、オス父@魔王、ヨン・テス@淵蓋蘇文、
オ・テソク@トンイ、チェハ父@春のワルツ、チャン・ギルテク@名家、チョン会長@熱血商売人、
ガンモ父@アクシデントカップル、ハン候補@プレジデント、チェ大監@美賊イルジメ伝、
プラハの恋人、不滅の李舜臣、王の女、空くらい地くらい)

オム・ジャチ:ユン・ギウォン
(イ・ガング@京城スキャンダル、ギユン@推奴、オールイン、ホジュン、美しき日々、美男ですね)
チェ・マルリ:イ・ソンミン
(ヤン・マンチョル@熱血商売人、ファン・デピル@魔王、ハン取締役@パートナー)
チョン・インジ:イ・ジヌ
(ハン・ドギャン@千秋太后、ヤン・ヒョンガム@淵蓋蘇文、成宗@王と妃)
キム・ジョンソ:イ・ビョンウク
(プヨフィ@近肖古王、キム・パンスル@キム・マンドク、ハ・ゴンジン@千秋太后、推奴、
ソウル1945、太祖王建、王と妃)


記事インデックス:
☆評価・・・追記をご覧ください。
6、7話8~14話15話16~19話20~26話27~34話
35~38話39~50話51話52話53、54話55話
56~68話69~77話78~83話84、86話(最終話)
~関連記事~
9月の視聴状況と10月の視聴予定
10月の視聴状況と11月の視聴予定
11月の視聴状況と12月の視聴予定
12月の視聴状況と1月の視聴予定
1月の視聴状況と2月の視聴予定
2月の視聴状況と3月の視聴予定
3月の視聴状況と4月の視聴予定
4月の視聴状況と5月の視聴予定
5月の視聴状況と6月の視聴予定

<Photo Source: KBS Website>
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ドリームハイ ☆☆☆☆(+)
ドリームハイ

前回、記事を書いた時点(もう2ヶ月以上前になりますが・・汗)、13話までは
5ツ☆病にならない5ツ☆のドラマかも!?って思ったんです。
毎回泣いたり感動したり、ストーリーにも入り込めるし、
登場人物にも愛着湧くし、何度もリピート視聴してるし・・・、

だけど、14話以降、ストーリー的には最後まで盛り上がったんだけど
私の中でやや失速する部分があったのよねえ。。。
なんだろ???(完走したのも2ヶ月くらい前なので、忘れちゃってます・・・滝汗)

一番大きかったのはラブラインが唐突に方向転換しちゃって
ついていけなかった・・ってことかなあ~
もうちょっと伏線があれば納得できたんだろうけど。。。

それと、ラストはもうちょっと手前で止めといてほしかった~
冒頭のシーンに結び付けなきゃいけないから仕方なかったんだろうけど
終盤、急ぎすぎ・・とゆーか、無理やりそこに辿り着かせたような、、
なんで、あの人があーなって、他の人がこーなったのか、
それまでのストーリー展開から説明もないままあまりにも飛躍しすぎてて・・・。
1人だけのドラマならいいけど、みんなに愛着をもって応援できるように
各人物を丁寧に描いてたのに、最後にアレ!?ってのが、ガッカリ。
十分ありそうな結末だけど、、あそこまで描かずに止めてほしかった!
成均館スキャンダルでも同じようなこと感じたっけ。。)

ついでに、、スペシャル番組のコンサートはいらなかったな~

裏を返せば・・・、ラストやスペシャル番組に不満をもっちゃうほど、
ドラマの内容、ストーリー展開、登場人物、に思い入れがあったのよね!
今までにないタイプの、素晴らしいドラマだったと思います!!!

ということで、、☆評価は、☆☆☆☆(+)にしました!

カン先生!ヤン先生!ギョンジン!マ・ドゥシク!
グク!ジェイソン!ピルスク!ベッキ・・・
みんな大好きだったなあ。。。
1人ひとりについて語りたいけど、だんだん記憶が・・・(汗)
とりあえずアップして、、
機会があれば、登場人物の部分も書き足したいと思います。
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ごめん、愛してる 1~3話
超有名なこのドラマ・・・
ほとんどの歴代韓ドラランキングでトップ3に入るほどですよね~
でも私は、、今まで何度か見る機会がありながら、ずっと避けてました。
ドロドロはよくても、廃人系は、、ダメ・・なんです。。
おまけにポスターの小キチャナクテ退廃的な雰囲気・・・
昔、ネットで視聴しようとしたときも、冒頭のソ・ジソプのキチャナイ格好を
見た途端に、視聴意欲なくしちゃって視聴止めちゃったんですよねえ。。

だけどやっぱり一度はチラ見くらいしておきたい~って気になって、
1話でリタイアするだろうなあ、って思いながら、見てみたところ、、、

予想通り重~いけど、苦手じゃない。いや、全然大丈夫だわ~!
同じひと昔前の有名ドラマでも、1話で挫折した天国への階段とは違う!
何が違うのかな!?何がポイントなんだろ!?って考えてみると、、

1.気分悪くなるほどのイジメがないっ!
一方的にヒロインが苛められたり陥れられたりするのは見てられな~い
悪役がいないってのもあるし、男性が主人公ってのもあるのかな?

2.不幸のどん底に転落する展開ではない
転落していく主人公を見るのは辛い・・っていうより、もういいよ~って気に
なっちゃうんだけど、このドラマみたいに最初から不幸な境遇ってのは
これから真実を知って辛い展開になるのはわかってても見てられる。

誰かを傷つけようとしてる人はいないんだけど、
人の弱さとか身勝手さが浮き彫りにされて、傷ついたり不幸になったり、、
でも人を思いやる温かさも感じられるドラマ・・・
雪の女王とかシンデレラのお姉さんとか、、
結構、好みのテイストなのかも~
主人公が辛い境遇を背負ってて、周囲にも不幸のオーラを撒いちゃって
見てて胸が痛くなるパターン!

家族愛とか葛藤とかがあって、
ラブラインは相手の境遇や心情を思いやる関係から・・・!?ってのも
私好みのパターン!
パートナーとか強力班とか・・ね!

結末をチラっときいたことがあるような~、程度の予備知識しかないので
3話まで見た感じで勝手に思い込んで期待しちゃってるのかも・・・!?
(たぶん)胸が痛くなりながら、サクサクと見ていきます^^

そういえば、雪の女王と同じ演出家なのね~
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
龍の涙 133、134話
その書を見た途端・・・、なんなのよぉーーっ???

このドラマ、もう3年目ですよね!?もっと長い!?
150話以上もあるKBS大河を週1で毎週金曜日のゴールデンタイムに
放送し続けるBS日テレも根性あるし、ずっと見続けてる視聴者も偉いわ~

私は87話でリタイア宣言したんですが(それ以前にも中断してますが)
世子世代の登場でどうなってるのか、少~し気になって覗いてみたところ、
おもしろーーいっ!!!

大王世宗と重なってる部分なので、だいたいのあらすじは掴めるし
アチラとはひと味違った譲寧大君を見るのも面白いっ!
私はどちらも結構好きよ~^^
イ・ミヌは現在なんとなく視聴中の19歳の純情でもお目にかかるから
親しみ倍増だしねっ^^
一方、忠寧役のアン・ジェモチンスン@近肖古王の貫禄ある姿とは
まるで別人の、ひょろっとした姿にビックリ~
なんだか大王になるような器には見えないんですけど・・・あ、また失言っ!

今までは紳士のフリしたスケベ偽善者っぽくて好かんかったバンウォン
露骨にムチャ言うようになってスッキリ^^・・・面白くなってきた!
おまけに人並みに父親の情や苦悩なんて見せてくれちゃって、
大王世宗では母親の役目だったアレをやってくれたりもして、
あの場面、あの苦悩顔で、太宗にもようやく好感もてるようになったわ~

そして、この次回予告・・・・・・
いったいどんな書なのか!?気になるじゃないのよーーーーっ

・・・というわけで、一旦はリタイア宣言した龍の涙ですが、復活です^^
関連記事
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
トキメキ☆成均館スキャンダル 見出し(と☆評価)
☆評価記事を書きかけたまま、すっかり放置してしまってました~(汗)
ホントはガンバッテ思い出しながら、なんとか書き上げたいんですが、、
ちゃーんと書こうって思うと、ついつい億劫に。。。
しかも現在、BSで7話あたりを放送中・・という時期に総括記事だなんて、、
あまりにタイミング悪すぎっ!・・ですよねえ。。

というわけで、見出し記事にしました!
・・・冒頭部分だけしか書いてない☆評価記事は追記に移して、
機会と気力があるときに更新したいと思います^^

成均館スキャンダル

KBS、全20話
原題:成均館スキャンダル
放送:2010年8月~11月(月火ミニシリーズ;「九尾狐伝」後続)
視聴:2010年10月~2011年1月

原作小説:成均館儒生たちの日々(上) (下) チョン・ウングォル
脚本:キム・テヒ(「偉大な遺産」「大王世宗」)
演出:キム・ウォンソク(「大王世宗」「パートナー」「シンデレラのお姉さん」)

主なキャスト:
(太字はKBS演技各賞ノミネートまたはぼちぼち年間ランキングノミネート)
(カッコ内出演作品は視聴またはチラ見したドラマのみ)
ソンジュン:パク・ユチョン(新人賞、ネチズン賞、ベストカップル)
ユニ:パク・ミニョン(優秀演技賞、ネチズン賞、ベストカップル)

ジェシン:ユ・アイン(ベストカップル)
       (フクサン@最強チル、ヒョンギュ@結婚できない男)
ヨンハ:ソン・ジュンギ(人気賞、ベストカップル)
      (愛しの金糸玉葉、お嬢さまをお願い)
インス:チョン・テス
ヒョウン:ソ・ヒョリム
     (ヘジン@彼らが生きる世界、マンセ@風吹く良き日、インスンはきれいだ)
チョソン:キム・ミンソ
左議政(ソンジュン父):キム・ガプス(最優秀演技賞)
(ファンフィ@大王世宗、ヒョソン父@シンデレラのお姉さん、ミンチョル@彼らが生きる世界、
イ・ドヒョン@海神、チョンガン@太祖王建、煬帝@淵蓋蘇文、カン・ゲマン@キム・マンドク、
クォン・ラム@王と妃、仁祖@推奴、クォン議員@パートナー、ユ・ジョンフン@IRIS
イ・テジュン@復活、いかさま師タチャ)

兵曹判書(インス父):イ・ジェヨン
(プドクプル@朱蒙、マンドゥク@熱血商売人、チョ大人@海神、チャン・テソン@ロビイスト、
ジソク父@90日愛する時間、恋愛結婚、いかさま師タチャ、トンイ、ゴヌ父@ロマンスタウン)

正祖:チョ・ソンハ
(イ・ス@大王世宗、オムス@ファンジニ、正祖@キム・マンドク、推奴、ファン社長@ロマンスタウン)
大司憲(ジェシン父):チェ・ドンジュン
(テ・ドス@千秋太后、真平王@ソドンヨ、バンイ@龍の涙、チョ・ムネ@テジョヨン、
チョ・サンジン@プレジデント、チョン・イノン@王の女、巴陵君@女人天下、ケヨンス@広開土太王)

チョン・ヤギョン:アン・ネサン
(コンガン@怪しい三兄弟、シン兄@スリングショット、18・29、恋するハイエナ、
いかさま師タチャ)

大司成:キム・ハギュン
(プギウォン@テジョヨン、チェ・ハン@千秋太后、チョ・サンベ@バリでの出来事、王と妃、
ホ・ジョ@大王世宗、オク・クァンビン@自由人イ・フェヨン、太祖王建、19歳の純情、
ミンギ上司@プレジデント、チョン監督@90日愛する時間、龍の涙、風の国、ドラゴン桜、
みんなでチャチャチャ、ロビイスト、止められない結婚、オールイン、新羅使臣@近肖古王
ソヨン元上司@童顔美女、キム・ヨンタク@スパイ・ミョンウォル、カラジ弟@広開土太王)

ビョンチュン(インス子分):カン・ソンピル
                (サンタク@善徳女王、チュンダル@海神)
ユニ母:キム・ミギョン
(ミジョン母@春のワルツ、ウギョン母@19歳の純情、ガンウ母@セレブの誕生、
キム刑事@スリングショット、ミジン上司@ヨメ全盛時代、インスンはきれいだ、
ジェホ@パートナー、ヘチャン母@18・29、ドヨン母@太陽の女、ペク部長@童顔美女)


記事インデックス:
☆評価(追記をご覧ください^^)
2010年ランキングノミネート
1話~2話3、4話5、6話7話8~10話
11、12話13話14話15話16話17話18話19、20話
~関連記事~
2010年KBS演技大賞
9月の視聴状況と10月の視聴予定
10月の視聴状況と11月の視聴予定
11月の視聴状況と12月の視聴予定
12月の視聴状況と1月の視聴予定

関連サイト:
KBS 番組サイト(原語)
DVD紹介サイト
BSジャパン 番組サイト
Mnet 番組サイト
ウィキペディア トキメキ☆成均館スキャンダル
ウィキペディア 成均館

関連商品:
公式ガイドブック
原作本「成均館儒生たちの日々(上) (下)」
DVD(完全版)BOX1BOX2
DVD(劇場編集版)
メーキングDVD「愛と青春のドキドキ☆メモリー」
メーキングDVD「夢と青春のハラハラ☆メモリー」
サウンドトラックDVD
OST(韓国盤)
OST (ギフトパック)(韓国盤)

<Photo Source: KBS Website>
関連記事
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
イタズラなKiss 1、2話
6月の視聴予定の記事でBS放送中のドラマをクドクド並べ立てたのに
なぜかこの有名ドラマをすっかり見落としてました。。(汗)
といっても、日本の漫画やドラマ原作モノとはあまり相性のよくない私・・・
特に花より男子は最初のハイテンションはどこへやら、
非常に残念な評価の作品で終わってしまったし、
申し訳ないけどキム・ヒョンジュンにはまったくときめけない。。。
あの無表情フェイス・・・きゃー、ファンの皆さん、ごめんなさいっ!が主演の
ドラマなんてまったく視聴意欲湧かない。。。

などと、失礼にも上から目線で決めつけちゃってたんだけど、
なぜか2話になって、せっかくの話題作、ひとめくらい見なきゃ!?って
気になって、BSフジの吹き替えカット版を見てみたんですが・・・

吹き替えカット版の方が面白いドラマかも!?

やや大袈裟な吹き替えのセリフ調が、あのドラマの世界に合ってる
気がするんですよね~
無表情なキム・ヒョンジュンにはあれくらいの声色の方がいいし、
その他の人物にも漫画チックなトーンが結構マッチしてると思う!

で、2話が予想外に面白かったので←またも失礼な発言・・・
1話をネット視聴してみたんですが、、
睡魔との戦いで、ついに3分の2あたりでリタイア!
・・・実は画面がフリーズしてしまったから^^なんですが、
再トライする気にもなれず、残り3分の1の展開は想像で補うことにしました~

セリフのトーンが単調に聞こえちゃったってのもあるし、
あの余計な妄想(?)シーンがわけわからなくて。。。

・・というわけで、当面(忘れなければ^^)吹き替えカット版で
視聴してみたいと思いまーす!

それにしてもキム・ヒョンジュン・・・
(ファンの方、重ね重ねごめんなさいっ!どうかスルーして下さい~!!)
ジフ@花より男子みたいな優しく見守る貴公子役は似合ってたけど
無口でエラソーなキャラを彼が演じるとただコワイだけ・・とゆーか、、
思わぬ同居ってゆードキドキなシチュエーションのはずなのに
あ~、ときめけない。。。
じゃあ、誰ならいいのよ?・・って訊かれると、、
んーー、そうだな~、、、グンソクくんとかソン・ジュンギとか!?
ユチョンの仏頂面もカワイイんだけど^^

ホントに失礼なヤツでスミマセン。。(汗)
失礼ついでにもひとつ・・・
ヒロイン、、なんともブサかわいいフツーの女の子でとっても新鮮!

脇役もなかなか個性豊かで、花男よりも好感度は高いかも~
特にハニ父&スンジョ母
美賊イルジメ伝でも印象的だった2人・・・演出家も美賊イルジメ伝なのね^^
チョン・ヘヨンさんは好きな女優だし
カン・ナムギル編集長@京城スキャンダルだよね~(笑)

どこまで続くかわからないけど、気楽に見ていきたいと思います!
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
トンイ、見てみました!
史劇は結構好きだけど、最近は何でもかんでも見たい~・・とは思わない
んですよねえ。。
じゃ、どんな史劇が「見たい史劇」なのか?っていうと、、私の場合、

1.興味がある時代または題材のもの
2.キャスティングに惹かれる

・・のどちらかなんですよね~
イ・ビョンフン監督のだから・・とか、この脚本家の作品だから・・とか、
KBS大河だから・・とか、ってのは「こんなドラマなんだろうな~」って予想する
材料にはなっても、それで視聴意欲が左右されることはあんまりないんです。

で、この条件的に、トンイってまったく視聴意欲が湧かなかったんです^^
元々、朝鮮王朝時代のものって、成均館スキャンダルみたいに独自の題材
を扱ったミニシリーズは別にして、そんなに見たいって思わないんですよね~
宮廷の権力争いモノはもうお腹いっぱい・・って感じで。
それでも建国直後の時代とか、未見の王様の時代なら、見てみたいかなあ
・・とも思うんですが、張禧嬪時代は一度見たら十分(笑)!

でもってキャスティングがハン・ヒョジュ&チ・ジニ・・・
うーーん、別にわざわざ見なくても~って思っちゃう^^

ということで、きっと見ることはないだろうな~、と思っていたのですが、
せっかく放送されてるし、イ・ビョンフン作品がどんなものか見てみるか!
・・・あれ?結局、イ・ビョンフンものってのに左右されてるじゃないの!(笑)
ってことで、先日NHKで放送された10話を見てみたところ・・・

チャングムワールドだーーーーっ(笑)

賢くて好奇心と正義感たっぷりで何にでも首つっこんだり巻き込まれたり、
トンイを見てると、チャングムか!?って錯覚しそうなくらい・・・
おまけに宮中にはいろーんな女官がいっぱいいるし、
登場人物はチャングムでお馴染みの役者さんだらけだし、
NHK版吹き替えで見たので余計にそう感じたのかもしれませんが。。
少し史劇を見慣れてくると、吹き替え版の「王様~」ってのに違和感アリアリ
だったんだけど、このドラマでは「王様~」の方が自然なくらい^^
違和感どころか懐かしく思えたし、イ・ビョンフンワールドの大衆っぽさ(?)と
ピッタリ合ってて気楽に見れる感じ!

それとキャスティング!
最初に見たときから「見覚えのある優しいお顔!私の好きな俳優さんよっ」
って思ったのに誰だか思い出せなくて歯痒かった捕盗庁の従事官サマ・・・
ユリ王@風の国でしたっ!!!
そうよ、そうよ!彼とチェ・チョロのキャスティングにはプチ興奮したんだった!

もう1人、のけぞったのが、チェ・ランさん!
彼女の登場だけでもウケたのに、まさかチャン・ヒビンのママ役とはっ!(笑)

期待度の高かった王と妃の方は一昔前のKBS大河そのものって感じで
仰々しい物言いとナレーションと淡々と進む展開に睡魔が・・・・
って状態で苦戦してるのに対し、こちらは予想外に楽しく気楽に見れそう!

やっぱり、さすがイ・ビョンフン・・ってことなのかしら~^^
関連記事
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
プレジデント ☆☆☆(+)
うーーん、、、面白かった・・んだけどなあ。。
史劇を見てるような、政治的駆け引きとか、手段を選ばない戦いとか、
それにヒューマンドラマも加わって、見ごたえある展開だったもんね~
特に、後半、ネット視聴だった7・8話の壁を越えてからは
どんどん止まらなくて続きを見てしまったくらい!

だけど、どこからか・・・、党代表戦が終わってからくらいかな?
若干、失速気味に感じて、視聴中に居眠りしちゃうことも多くなり、、
ちょっぴり迷送してるような、急ぎすぎてるような、、
ストーリーにイマイチついていけなかったのよねえ。。。

ラスト2話はかなり衝撃的な展開で、びっくりしたし、
ラストもスッキリ後味よし!ってのじゃないのが余計に強烈・・というか。。

☆☆☆(+)か?☆☆☆☆(-)か?
迷ったけど、後半の居眠りの数(笑)、感動した覚えがなかったこと、
見終わった後に残るものがなかったこと・・から☆☆☆(+)にします。

それでも、日本の原作モノの中では一番面白かった!
韓国では視聴率悪かったんですよね、確か!?
あんなダーティな大統領選ドラマは見たくないのかな???
清廉潔白なヒーローじゃないチェ・スジョンは受け付けられない!?
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
強力班 13、14話
ゾクゾクゾクゾク~~~~

このドラマ、いろんなタイプの犯人像を登場させてるけど、
このテのが結構多い気がする。。
なんてゆーか、、背筋が寒くなるようで、ちょっと苦手・・かも~
だけど現実もこーゆー事件の犯人ってこんな感じなのかなあ!?

それにしても居候オヤジ@セレブの誕生・・・未だに名前覚えられなくってミアネヨ~
あちらでは蹴飛ばしたくなるほど鬱陶しかったほどなのに
どんどん愛くるしく見えちゃうよーーー^^
あのクリクリお目目が哀れで哀れで・・・
キム・ギュチョルと共に、2人のオヤジが泣かせてくれるーっ!

中堅どころのイルグクssi&イ・ジョンヒョクはもちろん渋いんだけど、
オヤジ2人に存在感で負けてない!?
捜査ではオバサン刑事が結構存在感発揮してるし、
主役2人にももっと登場してほしいな~

それと期待の若手キム・ジュンくんも・・・
プレイボーイ・・だったんじゃないの!?キャラ変わった???

後2話しかないんだよね~
ドラマ全体に関わる大きな事件(?)陰謀(?)がまだ見えてこない・・・
いや、今回の事件でチョロっと仄めかしたのかな!?
ラストで明かされた爆弾発言(?)が5年前の事件に繋がるってこと!?
だとすると、想像とは大違いの事件だわ~~~
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
みんなでチャチャチャ 85~88話 カット版
始まったと思ったら、あっという間に1話が終わっちゃってビックリ!
40分くらいあるオリジナルを20分くらい(?)に編集しちゃってるんだから
相当ばっさりカットしてるよね~!

あんなにジヌ&ナヨンばっかりではなかったような・・・!?
校長先生宅(ジンギョン嫁ぎ先)のシーンがばっさりカットされてる!?
ドンジャのシーンも少な~い!?

・・・と、不満は残る視聴でしたが、2度目視聴(1度目はチラ見だけど)は
イライラもストレスもなく、気楽に楽しく見ていまーす!
関連記事
テーマ:韓国ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。