スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王女の男(姫の男) 見出し
姫の男

KBS、全24話
別題:「姫の男」
「風の国」「推奴」に続いてKBS文化産業専門会社を介して推進する作品
放送:2011年7月~10月(水木ドラマ;「ロマンスタウン」後続)
視聴:2011年9月~11月

朝鮮7代王世祖の娘と政敵キム・ジョンソの息子との悲恋

演出:キム・ジョンミン、パク・ヒョンソク
脚本:チョ・ジョンジュ(「パートナー」)、キム・ウク

主なキャスト:
(太字はKBS演技各賞ノミネートまたはぼちぼち年間ランキングノミネート)
(カッコ内出演作品は視聴またはチラ見したドラマのみ)
キム・スンユ(キム・ジョンソの末息子):パク・シフ 
       (最優秀演技賞、人気賞、ベストカップル賞)

        (シフ@イルジメ、イヌ@検事プリンセス)
セリョン(首陽大君の長女):ムン・チェウォン
       (最優秀演技賞、人気賞、ベストカップル賞)

        (チョンヒャン@風の絵師、スンミ@華麗なる遺産、ウィジュ@お嬢さまをお願い)
敬恵公主(文宗の長女):ホン・スヒョン
       (優秀演技賞、ベストカップル賞)

        (仁穆王后@王の女、スギョン@大祚栄)
シン・ミョン(シン・スクチュの息子):ソン・ジョンホ
        (いかさま師タチャ、愛しの金糸玉葉)
チョン・ジョン:イ・ミヌ
       (ベストカップル賞)

        (譲寧大君@龍の涙、イム・べクリョン@女人天下、ウギョン@19歳の純情、強力班)
首陽大君(朝鮮7代王世祖、文宗の弟):キム・ヨンチョル
        (弓裔@太祖王建、ムン・ジョングァン@ソウル1945、太宗@大王世宗、
          カン社長@新ソウルトゥッペギ、ペク・サン@アイリス、グクソン祖父@名家)

キム・ジョンソ:イ・スンジェ
        (ユ・ウィテ@ホジュン、ソン・シヨル@張禧嬪、イ・ファン@不滅の李舜臣、
          英祖@イ・サン、ナ・チュンボク@母さんに角が生えた、
          キム・ガプヨン@ベートーベンウィルス、真興王@善徳女王、
          明日に向かってハイキック)

文宗(朝鮮5代王):チョン・ドンファン
        (イ・ダル@ホギュン、サンヒョク父@冬のソナタ、ユ・ヨンギョン@王の女、
          ユン・ドゥス@不滅の李舜臣、チ会長@プラハの恋人、ジェハ父@春のワルツ、
          ヨン・テス@淵蓋蘇文、ユン・ジェドゥ@空くらい地くらい、カン会長@魔王、
          チョ・マルセン@大王世宗、チェ・ミョンギル@美賊イルジメ伝、
          ガンモ父@アクシデントカップル、チョン会長@熱血商売人、
          チャン・ギルテク@名家、オ・テソク@トンイ、イ・フェヨン@自由人イ・フェヨン、
          ハン・デウン@プレジデント)

端宗(朝鮮6代王、文宗の息子):ノ・テヨプ
ハン・ミョンフェ:イ・ヒド
        (ク・イルソ@ホジュン、ミン・ジョンテ@オールイン、
          チェ・パンスル@チャングムの誓い、スンジョン父@海神、クマ父@クムスン、
          フッチピョン@ソドンヨ、ウノ父@ファンジニ、9回裏2アウト、パク・タルホ@イサン、
          ソン・ムンサン@パパ3人、ママ1人、キム・ジュサ@長姉、
          ユ・マンソン@パートナー、キム・ジャチュン@名家、ファン・ジュシク@トンイ、
          イ・ヨンホ@我が家の女たち)

シン・スクチュ:イ・ヒョジョン
        (ユン・イム@女人天下、豊臣秀吉@不滅の李舜臣、栄陽王@淵蓋蘇文、
          食客、エデンの東、ペク・キュヒョン@済衆院、趙都督@近肖古王)

イ・ゲ(スンユ・ミョン・ジョンの師匠):オム・ヒョソプ
        (インスン恩師@インスンはきれいだ、市長補佐官@スリングショット、
          廉宗@善徳女王)

貞熹王后尹氏(セリョンの母):キム・ソラ
        (ハン・ミョンフェ妻@王と妃、マギー@ロビイスト)
柳氏夫人(スンユ兄嫁):カ・ドゥギ
        (ヨンイ@パートナー)
アガン(スンユ姪):キム・ユビン
        (ヘイン@強力班)
ソクチュ:キム・レハ
        (チャンベ@恋人、サチョン@イルジメ、オ理事@スリングショット)

記事インデックス:
☆評価
2011年ランキングノミネート
1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話16話17話18話
19話20話21話22話23話24話(最終話)
~関連記事~
2011年KBS演技大賞
8月の視聴状況と9月の視聴予定
9月の視聴状況と10月の視聴予定
10月の視聴状況と11月の視聴予定
11月の視聴状況と12月の視聴予定
申叔舟(シン・スクチュ) ~史劇登場人物

関連サイト:
KBS 番組サイト(原語)
衛星劇場 番組サイト
財経新聞 「姫の男」関連記事
ウィキペディア 癸酉靖難

関連商品:
OST
OST(韓国盤)
フィルムコミック(韓国語) 1巻2巻
ドラマ小説(韓国語)1巻2巻3巻
DVD(ノーカット完結版・英語字幕)
スポンサーサイト
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
2011年ランキングノミネート<王女の男(姫の男)>
ランキングノミネートもいよいよ大詰めになってきました~
第13弾は大本命←なんの!?(笑)。王女の男(姫の男)です。
実は、このノミネート記事を書く前にやらなきゃ!と思って
☆評価記事を頑張って仕上げたところなんですが、
来週から衛星劇場で日本初放送ってタイミングでアップするのも、と思い、
この記事と一緒にこっそりアップすることにします(笑)

2011年KBS演技大賞でも賞を大量受賞した力作でしたよね。
ぼちぼちでも(若干ポイントはズレてると思いますが^^)
大量にノミネートなるかっ!?
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) ☆☆☆☆(+)
こんなに序盤から毎回激しくハマッたドラマは初めてかも!?ってくらい
毎回廃人化、毎回5ツ☆病で、絶対今年最高のドラマ!と思ったのですが、、
終盤、20話くらいから冷め始めて、それでも1時間中夢中になりながら
がっかりしながらも最後まで期待していたのですが、、、
最終回、みごとにその期待を裏切られました。。。

それでもこんなに序盤から中だるみもなくハマッたドラマはなかったし、
他の5つ☆ドラマを考えてみても、
ホンギルドンも終盤は失速感があり、ラストはがっかりしたし、
風の国も終盤の盛り上がりはあっても中盤までとはまったく違って、
ラストもビミョーともいえたかも。。。
ソドンヨもラストに激しくがっかりしたっけ。。。
パートナー、成均館スキャンダル、強力班は終盤、ラストはよかったけど
序盤はイマイチだったり展開が遅くてハマりきれなかったりしたのよね~

それでもこれらのドラマは再視聴したり振り返ったりしてみると、
がっかりしたラストも、イマイチと思っていた序盤も、
それなりによくできてるのかなあ、って納得できるのよね!

だけど王女の男(姫の男)は冷静に振り返ってみてもどうしても
終盤の無理やり感、雑な印象が消えるどころか強く感じてしまって・・・。

というわけで☆☆☆☆☆(-)☆☆☆☆(+)か・・・
さんざん悩んだ挙句、☆☆☆☆(+)にします。
ちょうど来週から日本初放送(@衛星劇場)らしいので、
皆さんのご意見も楽しみにしています。
落ち着いたら私ももう一度、最初から見直してみたいと思います。
ひょっとしたら評価、変わるかもしれませんよね!?
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 24話(最終話)
アッチャッチャーーーー
まさかこんな最終回とは・・・
いや、予想通りの展開といえばそうなんだけど・・・

今までこんなに毎回廃人だったのに、、、
最終回始まって10分後にはドラマの世界から抜け出ちゃって
☆評価をどうしたものか、頭を悩ませながらの視聴になっちゃって
視聴後は廃人どころか余韻どころかストレスが溜まっちゃった。。。

ま、☆評価については後でもう少し悩むとして・・・
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 23話
あ~、やっぱりそこまでやっちゃうんだぁ~~~(涙)
最終回、見たいような、見たくないような・・・・・・。
ハマリ度で言えば、断然5つ☆病、毎回廃人になるほどだったけど
展開とラストでいうと、、うーーーん、ビミョーだなあ。。。
個人的には茶母(チェオクの剣)の苦しさを思い出しちゃうのよね~
アチラは廃人的なラストにも関わらず、救われる部分もまだあったけど
これは苦しすぎる!救われないっ!
皆がハッピーエンドに喜ぶ中、私だけ廃人化しそう・・・・・

だってさ、凄い嫌なヤツだとか、そこまでじゃなくても脅威の敵だとか、
そうじゃなければ、せめてヒロインが痛みや思いをわかってくれるとか、
そういうのがあればまだ救われたか、納得できたけど、
このままじゃあまりにも酷すぎるよーーー(怒)

・・と、まだ見ないうちから勝手に最終回の妄想をして心配してるけど^^
そう思わずにいられないくらい、ドラマの方は刹那的に転がっちゃって、、
なぜかシンデレラのお姉さんをも思い出しちゃったのよねえ。。。
考え方を変えれば幸せになれそうなのに、
どうしてそんな風にしか生きれないの?


この回登場のイ・シエ、どっかで見たことあるってずっと気になって・・・。
絶対、分別のあるいい人役だったんだよなあ。誰だっけ???
視聴後もずーっと考えて、ようやく思い出しましたっ!
そう、チェサ@朱蒙だよね!!いや~、すっきりした!(笑)
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 22話
ドラマチックで悲しい展開で胸が痛い・・・・・・
メロの部分も切なくも艶っぽく盛り上がってて・・・
なのに、どこか冷めた目で見てしまってるんですよねえ。。

このドラマ、一連の歴史的事件を中心としたストーリーだけど、
韓明澮王と妃といった大河史劇をご覧になった方が見たら
違和感を感じるかもしれませんよね。
史実を確認しながら視聴してるだけの私でもツッコミたくなるくらい
本当なら1年も2年もかけて起こるはずの出来事が次々と起こるので
人物描写や行動が実際よりも極端になってしまうんですよね。

だから歴史的な人物評は置いといてあくまでもフィクションとして見ると・・・、

悲しいけれど、その一方で苛々しちゃうんですよねえ。。
一方的な正義感とプライドだけで突っ張っちゃった結果、
自業自得ならいいけど、結局、大切な人を守れていない・・どころか、
そのたびにどんどん苦しめちゃってるじゃないのお~~~っ
一番気の毒なのは、あのヒトだよ~~~(涙)

そして、、アンタたちは疫病神としか思えない。。。
いや、ゴメンナサイッ!!!めちゃくちゃ暴言だよねっ!?(汗)
それを言っちゃ、このドラマ、おしまいだよね!?
わかってるんだけどさぁ・・・

・・・で、イ・シエまで出てくるの???
まさか乱まではやらないよね!?
え?まさか?やっちゃう?で、あの人、死んじゃうの?
あ~、なんか凄い結末が頭に浮かんじゃったよ~~~
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 21話
恐れてたとおり、一気につまんなくなった。。。
いや、つまんないって言ったら言い過ぎかな!?
相変わらず1時間中、胸を痛めながら見入ってるもんね。
だけど、肝心の主役カップルを応援できなくなっちゃって、
白けちゃった・・って感じかな~

メジャーな歴史イベントも出尽くしてストーリーも行き詰った感!?
堂々巡りになってきた感じだよねえ。。。
しかもその度に周りを巻き込んで傷つけて事態は悪化!?
氷玉館の女主人と敬恵公主の侍女にグッジョブ!って言ったげたい^^

しかし、この回で盛り上がれない私はほんとにマイノリティ・・・
あんなにテンション高かったのに、めっちゃ寂しい。。。
でも、ダメなんだよね~~~
傷つけられて、それでも心配してる人たちを思うと、
前のようにはドキドキ盛り上がれないんだよなあ~(涙)
パク・シフの最高に艶っぽいシーンのはずなのに・・・。

今日の名言!
親の気持ちを完全に理解してる子供なんていない。by中殿
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 20話
だ~か~ら~!言わんこっちゃないのよっ
セリョンの気持ちもわかるんだけど、
やってることがまるで10代の反抗期少女なのよね~
・・・あ、実際まだ10代なんだろうけどね^^

予告CMを見たら、堂々巡りが続きそうで、ちょっとテンション↓
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 19話
うーっ、胸が苦しい!痛い!
切なかったり、感動したり、イライラしたり、、、
1時間中、感情の休まる暇がない~~~!
観終わったらドッと疲れて、廃人化するほど余韻が強くて、
こんなの毎日観てたら身がもたないだろうなあ・・って思いながらも
直後にまた今日の回を最初から見直してしまうのよねえ。。。
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
王女の男(姫の男) 18話
イケメン2人のアップで終わる最近のラスト、いいわぁ~♪

ぜったい私以外にもミョン堕ちした人、いっぱいいるんだよね!?
だってセリョンのアップの後、必ず切なそうに見守るミョンのアップが
お約束のように映されるんだもん♪
スンユのアップより多いんじゃない!?ってくらい~^^
で、制作側の狙いどおり^^うっとりさせられちゃうんだよね~♪
ほんと、アップに堪えられるお顔だわ~

反面、ジョンのアップとラブシーンは勘弁してほしい。。。
あ、またも暴言、失礼しましたーーーっ!
イ・ミヌ、結構好きなんだけどね~
19歳の純情では普通にスタイルよく見えたんだけどね。。。
やっぱ、9頭身モデルと並ばせちゃ、気の毒だわね~

ハッ、私ったら・・、こんな佳境なのに何言ってんでしょ・・・(苦笑)
ホンギルドンを彷彿させるシーン・・・
でも歴史的事件だから結果がわかっちゃってるもんね~
事件の主役よりもスンユミョンに注目しちゃうんだよね^^

セリョンは何やってんだ???
テーマ:韓国時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。